www.patriothomeloans.net

FXをする前に確認しておく逆指値

FXをする前には、通貨の売買の注文手段である指値と逆指値に関してきちんと整理しておかなくてはいけません。気になる情報はこちらトラリピ設定に沢山書いてます。

 

これら二つの注文方法は、初心者である人は絶対に混乱することになります。
問題になるのは、逆指値のほうです。
本来、取引においては自身の値の通りに注文をしたいものですから指値を頻繁によく使うことになるのですが、逆指値は自身の損失の拡大を防ぐために絶対に必要になるものなので知っておいて損はありません。
逆指値と言うのは、指定した価格よりも価値が下落したときに通貨を売ってくれる注文方法のことを言うのです。ここでしょ→トラリピ設定はよかったですよ。

 

例えば、1ドル105円で通貨を買ったときには、1ドル100円以下になると損失が大きくなることを見越して1ドル100円のポイントで逆指値をしておくわけです。こちらにアクセス!トラリピ設定が良いと聞きました。

 

こうしておくことによって、後は勝手に損が出すぎてしまって1ドル100円以下になった時に取引が行われることになりますので、不測の事態による損失を防ぐことが出来るようになります。
このように、非常に便利な注文方法なのです。